自生塾とは

自生塾とは

理念

「自らを生きる」「自然に生きる」

自生塾では、この2つの「自生」を大事にしたいと思っています。

誰のものでもない、自分の人生だから。
しっかり「自分」を生きていける人間になって欲しい。
自分にとって大切な価値を自分の言葉で語り、
それを実現すべく行動していける人に。
自分と真摯に向き合って、「自ら」を生きて欲しい。

とはいえ、自分のことばかりで終わる訳にはいかない。
例えば、環境を顧ず経済的成功を渇望した結果、多くが損なわれた。
自分にとって心地よいこと、素晴らしいことが、全体(自然)の中で同様に評価されるとは限らない。
深い洞察をもって、「全体性」の中に生きて欲しい。

自分も大事に。全体も大事に。
「自己と全体性が調和or統合した在り方」
そんな風に生を紡いでいける人間が、増えたら。

それは難しい在り方かもしれない。
エネルギー問題一つとっても、自己と全体性を調和させる綺麗な解は、まだ見えない。

でもだからこそ、「どうやって生きていったらいいのか?」
と大いに悩み、もがくことが重要だと思うのです。

経験し、思考し、議論しながら、
迷いつつも「自生」できる人間を育成していきたい。

そして、そんな彼らと共に、悩み、考えながら社会を作っていきたい。

とりあえず今は、そんな風に考えています。

2018年11月30日 代表 尾張由輝也

スタッフ紹介

代表 尾張由輝也

 1991年生まれ。金沢市出身。東京大学農学部卒。
 泉丘高校理数科に推薦で進学するも、学校環境や受験勉強への違和感が募った結果、入学約3ヵ月後より進級が危ぶまれる程度の軽い不登校に。自然体験のボランティア活動、社会人とのバンド活動、能登半島自転車の旅などに興じつつ、ほぼ勉強をしないまま約2年間が過ぎる。2年の3月頃に大学受験することを決め、約1年間の自力学習を経て、東京大学理科Ⅰ類に現役で合格。
 大学入学後、4ヶ月に渡り国内外を一人旅し留年する、フィギュアスケート部主将を務める、東大構内でピザ会を開催する、東大生を石川県に呼び自然体験合宿を行うなどしつつ、農学部森林環境資源科学専修へと進学。専修内にて最優秀卒業論文章を受賞し、2016年に卒業。
 高校の頃より県立白山ろく少年自然の家などで10年以上自然体験活動の指導・補助に携わる。
 白山キッズマイスター講師。川の学校15期スタッフ。赤十字救急法基礎講習終了。赤十字安全法救助員Ⅰ。狩猟免許所持。国家資格キャリアコンサルタント。

アシスタント 尾張美沙子


1991年生まれ。北海道名寄市出身。お茶の水女子大学卒。同大学院修士課程修了(保育・児童学コース)。代表の妻。
 現役保育士。保育士資格、幼稚園教諭および小学校教諭免許所持。活動をサポートします。