「勉強と時のプログラム

高校生の皆さん、

自分、このままでいいんかな?
と思ったことはありませんか?

勉強、部活、遊び、恋愛。
いろんなものに囲まれて、
本当は充実した時間を過ごせるはずの高校生活。

もっと楽しく過ごしたいし、
もっと勉強もできるようにもなりたい。

 もっと、ありたい自分であるために、

よりよい
「勉強との関わり方」
「時間の使い方」

一緒に学んでみませんか。

「時プロ」5つの特徴

短期間で集中的学ぶ
全9回、約2カ月という短期間で集中的に学びます。
学習効率の上げ方&コンディショニングについて学ぶ
学習に関する様々な科学的知識と実績ある自生塾独自のメソッドを学び、学習効率の向上を目指します
一般に見過ごされがちな学習の基盤となる心身のコンディショニングについても、「睡眠」「運動」などの観点からしっかり理解をしていきます。

充実した時間の過ごし方を考える
YoutubeとGoogle出身の二人が開発した「メイクタイム」 を参考に、充実した時間を過ごすためのコツに触れながら、「自分にとってのよりよい時間の使い方」を考えていきます。
実践を通して、自分を変えていく
知識や手法をただ学ぶだけでなく、それらを個々人にあったやり方で日常に定着させるための取り組みも行います。
スタンフォード行動デザイン研究所の「タイニーハビット理論」などを参考にしながら「実践→検証→改善」のサイクルを回していく中で、「自分で自分を成長させる力」を養います。
チームで楽し取り組んでいく
学びと実践は一人でもでき得ますが、やはり同じ目的を持った人々と一緒に取り組むことでより大きな効果が期待できます。そして何より、誰かと一緒にやった方が、ずっと楽しいしやる気が出る。楽しさは正義。一緒に楽しくやっていきましょう。

受講者の声

石川高専
4年 Kさん

勉強の質が向上したし、勉強を戦略的にできるようになった。また、自分自身に注意を向けるようになり、(完璧ではないが)自分をコントール出来るようになったと思う。参加して本当に良かったです!

金大附属高校
1年 Mさん

自己肯定感も上がったし、色んなことに挑戦していったことで「楽しい」と感じることが多くなりました。また、無駄に過ごす時間が減り「やりたいこと」に費やせる時間が増えたとも感じています。

泉丘高校
2年 Kさん

時間の使い方一つで、人間は色んな方向に変化できると思った。体調管理が上手くできるようになり、心身共に元気になれたように思う。勉強も楽しくなったし、全てのことが自分を成長させるための試練だと感じることができた。

金大附属高校
3年 Sさん

日々取り組んでいることに対し、自分が満足しているか?集中しているか?を考えるようになり、もし集中していなかったらどうやったら集中できるかを考えるようになった。また、どんな問題にも通用する考え方を身に着けることが、こんなにも楽しいってことを実感することができたので、ここで学べて本当に良かったなと思っています。

やり方を変えれば、
無理なく点数UPも!

<数学>   平均-10点 → 平均+9点
<全体順位>  学年39位 → 学年18位 

プログラム内容

全9回の授業と実践で、
「学習」と「時間」を変えていく

授業の流れ

講義

学習効率に関する知識や技術などについて、まずは講師よりレクチャーを行います。
記憶の特性、睡眠の重要性、モチベーションの心理学、読解のコツなど、学習と時間に関する様々な要素を学びます。

Lecture
1

演習やディスカッション

講義の内容をもとに、演習やディスカッションを行います。
インプットした知識や技術をアウトプットしながら、講義内容のより深い理解と定着を目指します。

Lecture
2

実践準備

学んだことを実際に日常の中で使っていくための準備を行います。
「日常の何をどう変えていくか」を個人の生活に合わせつつ具体的に考えることで、実際の行動の変容に繋げていきます。

Lecture
3

※写真は、実際の教室とは異なります。

各回の主な内容(予定)

【第1週】目的思考&メイクタイム

このプログラムにおける基本的な考え方である「目的思考」を確認し、日常の時間の使い方を意識し変えていく「メイクタイム」についても学びます。

【第2週】睡眠と学習

コンディショニングその1。「睡眠」が学習に与える影響の大きさを実例を通して学び、理解を深めるとともに、より理想的な睡眠のとり方も学びます。

【第3週】運動と学習

コンディショニングその2。「運動」が学習効率と脳の発達に与える影響を学び、自らの運動との付き合い方を改めて考えます。なおこの回では、自分にとっての最適な運動強度を体感するため、実際に体を動かします。

【第4週】行動デザイン

「やればいいって分かってるんやけど、できない・・」を変える、行動デザイン。「タイニーハビット理論」や「B=MAP」のモデルなどを学び、「自分がしたい行動をとれるようにする」行動デザインのスキルを学びます。

【第5週】中間振り返り

これまでの取り組みを一旦振り返り、自分自身と改めてしっかり向き合うために時間を使います。

【第6週】構造化思考

要素と要素の関係性を明確に捉える自生塾独自の手法である「構造化思考」を学びます。構造化をもとに、「知識とは何か」「読解とは何か」「インプットとは何か」ということを俯瞰的に捉えていきます。

【第7週】記憶と課題分析

ショートコンテンツ2本立て。前半では、「人間の記憶」の特性や効果的な記憶方法について学びを深めます。後半では、課題分析の型を改めて確認しつつ、自分を分析し改善していく力を強化します。

【第8週】総まとめ

プログラムの振り返りと総まとめを行います。

【特別演習】

数学、英語、現代文など、個別の教科についての考え方や勉強のやり方について学びつつ、半日~1日かけてそれらを意識しながら自習を行います。

開発者より

開発者:尾張由輝也

泉丘高校理数科、東京大学卒。
高校時代軽度の不登校→1年間の受験勉強で理科Ⅰ類に現役合格。家庭教師生の志望校合格率100%。金沢大学非常勤講師。


普段、多くの高校生と関わる中で、「もったいないな」と感じることが多々あります。それは勉強や学習と、うまく付き合えてない生徒が多いように見えるからです。

睡眠時間を削って勉強する、問題集3周を目標とする、ただ課題を終わらせただけで勉強した気になっている、速度を重視し過ぎてしっかり考えることを疎かにする、など、私にはとても効率の悪い勉強との関わり方に見えます。

受験勉強なんてある意味どうでもいいと個人的には思っていますが、どうせそこに時間とエネルギーを費やすんだったら、”いい勉強との関わり方”を知っていた方が絶対にいい。
また、受験勉強が終わっても「学び」は多分死ぬまで続くので、洗練された「勉強(学び)との関わり方」は、生涯を通しての強力な武器にもなると思っています。

そして、「洗練された学びとの関わり方」よって増えた「ゆとりや時間」を使って、是非皆さんに充実した高校生活を送って欲しいとも思います。勉強マシーンになるために学校に通っているわけではないのですから、是非青春も謳歌して欲しい。
そのためにも、このプログラムでは「時間の使い方」も同時に洗練してしていけるように設計してあります。

プログラムに詰め込んだ「勉強」と「時間」について知識と技術を使って、是非それぞれの人生をより豊かなものにしていただきたいと思っています。

※プログラム全内容の説明やファシリテーションも、尾張が担当します。

開発者インタビューはこちら

日時・料金など

対象高校生
日時毎週月曜 19:15~21:15(全8回) + 特別演習
定員4名程度
場所自生塾(金沢駅より徒歩約10分)
料金25,000円/月 (計5万円)

実施場所

【住所】
〒920-0022
石川県金沢市北安江2ー8ー33

「金沢駅」より徒歩10分
北鉄浅野川線「七ツ屋駅」より徒歩2分
北鉄バス亭「北安江」より徒歩4分

※駐車場あり

よくある質問

授業や「特別演習」の具体的な日程は決まっていますか?

「プログラム詳細&仮申込」ページをご覧ください。

上記の料金以外に、かかる費用はありますか?

2か月分(5万円)に特別演習を含めた全ての料金が含まれていますので、基本的に追加で費用がかかることはありません。

他の塾に行っていますが、参加して大丈夫でしょうか?

全く問題ないです。

中学生でも参加できますか?

現状のクラスは高校生のみを対象にしていますが、中学生の方もご希望があれば是非お知らせください。受講を希望される方が一定数いる場合、既存のクラスとは別に中学生クラスの開講を致します。

浪人生でも参加できますか?

勿論可能です。

そもそも現状、学校の課題などでいっぱいいっぱいなので、毎週2時間とられるのは厳しいです。。

確かに、ごもっともです。
一方で、そんな人にこそ受けてもらいたい、とも思っています。感覚的には「毎週2時間奪われる」かもしれませんが、投資的な視点で考えることもできるのではないでしょうか。

例えば、今回のプログラムの授業時間(特別演習除く)を全部足すと2×8=16時間となります。仮にこのプログラムを修了することで、勉強の効率が20%上がると仮定しましょう。その場合、投資した16時間分を回収するために必要な勉強時間をTと置くと、T×(1.2-1)=16 となり、これよりT=80。すなわち、16時間の投資を回収できるのは、80時間勉強した後となります。

もし毎日2時間ほど自主的に勉強するのであれば、授業時間と併せて、毎日8時間くらい勉強することになるのではないでしょうか。その場合、80時間分の勉強は10日程度でできることとなるので、わずか10日間で投資を回収できる計算になります。

11日目以降は、ある意味、勉強すればするだけ、受けない場合と比べてある種の「時間的な利益」とでも呼べるものが増えていくと考えることが出来ます。

と、そんな計算をしてみたところで気になるのが上記で用いた仮定の正しさかと思いますが、仮定の一つに用いた「勉強効率20%向上」は、今のところ十分見込める数値ではないかと思っています。

また、勉強の効率以外にも、自己を客観視する力、レジリエンス、主観的幸福度の向上など、幾つかの効果が期待できるので、それらも含めて考慮しつつ、自分に合いそうか合わなさそうかを総合的に判断していただければと思います。

プログラムの個別相談は、こちらから