自然体験

自生塾では、教育活動の一環として自然体験活動を行っています。
「楽しい」だけでは終わらないディープな自然体験を目指して活動しています。

なぜ自然体験なのか
社会の絶対的な基盤

どのような仕事をするか、延いては、どのように生きていくのか、という問題は、現代の社会ではとても重要かつ難解なものであるように思います。
生き方を選ぶためには、社会を知ることが必要です。そして、社会を適切に捉えるためには、その絶対的な基盤である自然への理解が必要であるといえます。
自然への深い理解は、机の上からは生まれません。実際に現場へ飛び出し、どっぷりと自然に浸ることが重要なのです。

日常の相対化

都市的な生活が当たり前になった現代だからこそ、見失っている多くのことがあります。ボタン一つでご飯が炊け、お風呂が焚け、蛇口を捻れば(むしろ手をかざすだけで)水が出る。そんな ”当たり前、当然” の、有り難さや、あるいは歪さというものに、日常の中ではなかなか気付くことができません。
人々の感覚や意識が自然から遠ざかってしまった現代だからこそ、自然の中にしっかり身と心を置き、当たり前となった都市的な倫理と感性を相対化するということに、大きな価値があります。

自生塾のこだわり詳細はこちら

少人数制

少人数制により、深く自然と関わることができます。

オーダーメイド

参加者に合わせて、オーダーメイドで活動を作ります。

思考する自然体験

感じること+思考することを大切に活動します。

臨機応変な対応

自然、人的状況に合わせて臨機応変に対応します。

コメントは受け付けていません。

  • 自生塾の自然体験活動の一部は、石川県立白山ろく少年自然の家、白山市チャレンジキャンプと協力して行っています。