自然体験~秋~

天高く、空気澄む秋。
山に実りがもたらされ、木々が徐々に色彩を帯びていく季節。

清涼な空気と明瞭な稜線

< キノコ採り >

秋の山の恵みの代表格と言えば、なんといってもキノコ。
天然マイタケや、天然ナメコなどを求めて山を歩き回ります。簡単に見つかるものではないため、収穫できるかどうかは運によるところがとても大きいですが、天然物の味は格別。幸運にも見つけることができれば、その場で調理して頂きます。

山に生えるマイタケ

< 自然薯堀り >

特徴的な蔦を頼りに自然薯を探し、掘り出します。
地中深くに埋まっている自然薯を掘り出すのは結構根気が必要ですが、天然物ならではの、味の濃さと力強い粘り。摩り下ろして食べると、絶品です。

掘り出した自然薯

< 竹筒ご飯 >

竹林から竹を伐採し、竹筒に加工。それを焚き火にかけ、ご飯を炊きます。
刃物と米とマッチなどの他は、山にあるものだけを使ってご飯を炊く。そんなシンプルな道具でも、上手くいけば、竹の香りとほんのりとした甘みが特徴的な、炊飯器よりも格段に美味しいお米を炊くことができます。竹筒の質、火加減など、成否は自分の技術次第で決まります。
ついでに食器やお箸なども、竹を加工して作ります。

焚き火で炊く竹筒ご飯

< 秋山歩き >

色付いた木々の中を歩くことも、秋の楽しみの一つ。春や夏とはまた違う山の表情が、そこにはあります。
ブナの実やどんぐり、栗やくるみなどが落ちていたり、山葡萄がなっていたりすることも。よく周りを見ながら歩くと、何かしらの恵みにあやかることもできるかもしれません。

自生する山葡萄

活動のお申し込みはこちらから

コメントは受け付けていません。